結果発表!ソフトアンプシミュレーター聴き比べ。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

さて、皆さんにご協力いただいたソフトアンプシミュレーター聴き比べ。
それなりに投票数も集まったので、そろそろ結果を公表したいと思います。
Twitterフォロワーの皆様もご協力していただき、本当にありがとうございました。

ではでは、早速投票数の獲得順位とどこのアンプシミュレーターだったのかを見ていきましょう。

第1位

4番 IK Multimedia Amplitube3(34件/54件)

栄えある第一位は、2位以下に圧倒的な差をつけたIK MultimediaのAmplitube3。
別格でしたね。
各アンプブランド公認といいのも納得です。
単音やミュート時の音もコシのある素晴らしいサウンドですし、「JCM800の再現」という点から見てもリアルさはNo1だと思います。
筆者ももともとバンドマンですが、ここまで来ると感動の域ですよね。

第2位

1番 Native Instruments Guitar Rig5(12件/54件)

2位はNative Instruments Guitar Rig5。
これもまた素晴らしいサウンドですが、JCM800の再現性という点からみると4番にはかなわないと言った感じでしょうか?
中には音がキレイすぎるという感想を持つ方もいると思います。
なんて言うんですかね、言葉が合ってるかわかりませんが、薄っぺらくてダイナミクスが欠けるという印象。
1位のAmplitubeはギタリストがスタジオで弾いているのを聴いているような迫力満点な音なのに対して、こちらはCDなどの、ある程度加工された耳馴染みの良い音という感じですよね。
アレンジャーの方などからすれば扱いやすい音とも言えるでしょう。
また、オリジナルには無いboostスイッチが付いてるのもDTMerにとっては嬉しいですね。

第3位

3番 Line6 POD farm(5件/54件)

こちらはLine6のPOD farmでした。
個人的には嫌いな音じゃないんですが、こうやって聴き比べるとちょっと見劣りしちゃいますかね。
マイク~の空気感は他と比べるとかなりお粗末ですね。
ま、これはこれで有りだと思いますが。
筆者のように古い人間や、昔からPODを使っているユーザーにとっては馴染みのある音と感じる部分もあるのかもしれませんね。
ただ、オリジナルと比べてどうかと言われると全くの別物。
歪み具合もオリジナルとは全く違います。

第4位

2番 Apple Logic Pro X付属のアンプシミュレーター(3件/54件)

そして今回用意したアンプシミュの中で最下位となってしまったのが、Logic付属のアンプシミュレーターのJCM800をモデルにしていると思われるもの。
・・・ま、相手が悪すぎましたよね。
というか他のアンプシミュの技術が高すぎるんですよ。
むしろDAWの付属プラグインという立ち位置で3票獲得していることを評価したいです。

いかがでしたでしょうか?
驚くべきは、今回使用した4つのうち3つは実質無料であるということ。
唯一有料となるNative InstrumentsのGuitar Rigについても、JCM800の代わりにsuper lead(Jump)が無料で使えます。
全くすごい時代になったもんですね。
また、今回は比較をしやすいようにHighやLow等のノブはすべて12時の位置で統一してますし、余計な音作りは一切してません。
それぞれの特性に応じて調整をしたり、お好みの歪み系のエフェクターを追加したりすればもっと好みの音に仕上げることは出来ると思います。
あくまで今回の比較は、モデリング技術の比較、有料版を購入する時の判断材料程度ということで。

また何か別の聴き比べもやりたいですね。

ではでは。

こちらの記事もチェック

オススメのアンプシミュレーター

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • marr
    • 2017年 8月 22日

    貴重な投稿ありがとうございます。当方、cubaseのvstでguitar rig 5を利用して曲作りしておりますが、guitar rig の豊富なプリセットを駆使して曲を作ったら、いざ、ライブで演奏するときに、guitaristの性として、でかいアンプを後ろに備えて、でかい音でguitar partを奏でてみたくなるじゃありませんか。しかしながら、オーディオインターフェース経由で別のPC上でスタンドアローンでguitar rigを立ち上げて、Marshallの100Wに流しても、クソしょぼい加工音がキャビネットから流れるだけで、曲中で使用したguitar rigの面白いプリセットも台無しになってしまいます。かと言って、実際のエフェクターとmarshallでそっくり同じ音作りが出来るわけでもなく。本当、ライブで困っています。guitar rig のプリセットを実際のアンプで遜色なく再現する方法ってないのでしょうか?
    もし、お分かりでしたら、是非、教えていただけないでしょうか?よろしくおねがいいたします。

    • コメントありがとうございます。
      Guitar Rigなど最近のアンプシミュレーターは、アンプヘッドの他にもキャビネットやマイクの種類や配置もシミュレートしています。
      なので、ライブ等でGuitar Rigで作りこんだ音を遜色なく再現することを最優先とするならば、オーディオインターフェースの出力を実際のアンプ&キャビには通さず直接PAに送るのがベストかと思います。
      ただ、この方法は当然実際のキャビネットからは音が出ないわけなので、ギタリストの性を満たせない可能性は否めません(笑)
      どうしても本物のアンプヘッド&キャビに通したいのなら、やはり実際のアンプヘッド&キャビ、エフェクト、マイキングで音作りをするしかないかもです。
      Guitar Rig側のアンプヘッド&キャビをOFFにして本物のアンプヘッド&キャビにぶち込む方法もありますが、当然音色は別物になるので一から音作りをやり直すことにはなっちゃいます。
      実際のアンプ&キャビが手元にあるなら、ライブ用のプリセットを事前に用意しておくのもいいかと。
      オススメはやっぱりPA直送りですかね。
      音色の変化は最小限で済むはずです。

        • marr
        • 2017年 8月 23日

        早速のご返信誠にありがとうございます。確かに今日いじっていて、「Guitar Rig側のアンプヘッド&キャビをOFFにして本物のアンプヘッド&キャビにぶち込む方法 」を試してみると、かなり、オリジナルに近い迫力あるサウンドを得ることができました。もちろん、それはプリセットの内容によるわけです。が、感覚的には実際のアンプのツマミなどの操作を含めて、アナログ、デジタルの混合サウンドという感じで、また、シンセなどではそのような配合のものがあったり、またそれは、PCの中だけだったり、また、PCの外でのモジュラーシンセとの混合を試みたりと、今流行りであり、レイドバックしながらも、これから大いに開拓出来る分野なのかもしれませんね。ただ、ギターは弦楽器である以上、シュミレータと実際のアンプでは根本的に音は違う(特に、ハーモニクスや倍音など)のだし、これを無理して同じにする必要もないのかなと今悟りました。いわゆる典型的なギターサウンドであれば、ライブでは、実際のアンプとエフェクターで鳴らせばいいのであり、またguitar rigの豊富なプリセットのデジタルエフェクト重視のものはそれはそれで割り切って、でかいキャビで鳴らして人をビビらせる。またはプリセットではなく、guitar rigの中で一から組んでそれをデカイキャビで鳴らす。驚かす。それでいいのかも。と思いました。というのも、DAWから直接PAに送る方法はライブでは箱にもよるのでしょうけど、とてもやりにくいですしPCの中で踊らされている感ハンパないです。要するに弾いていて面白くないです。自分の背後からガツンと背中を押されるように、魂のこもった自分の音に演奏を支えられるって、ギタリストにはとても重要だと思うのです。きっと僕は古い人間なんでしょうね。いずれにしても、とても参考になりました。ありがとうございます。

        • そうですね。
          わりきれるならライブはライブと考えたほうがギタリストの性は満たせると思います。
          僕がライブをしていたころはソフトのアンプシミュレーターなんてありませんでしたが、ハードPodの音をどうやってライブで鳴らすか試行錯誤したもんです。
          でも最終的にはライブに持っていくものはシールド一本になりました。
          ライブハウスのMashallに直挿しして終了(笑)
          ジャンルによりますけどね。
          お互い良い音楽ライフを送りましょう。

最近の投稿

  1. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  2. Omnisphere 2(Spectrasonics) [omnisphere2] …
  3. マルチドラム音源編 Stylus RMX Xpanded (SPECTRASONICS) …
  4. アコースティックギター編 PROMINY Hummingbird サウンドハウスで価格…
  5. Ivory II Grand Pianos (Synthogy) サウンドハウスで価…
ページ上部へ戻る