スポンサーリンク

88鍵MIDIキーボード特集。

スポンサーリンク

今回は国内で購入できる88鍵MIDIキーボード特集。

88鍵MIDIキーボードを探すユーザーの多くはピアノ経験者。
メーカー側も力を入れるのはピアノに近い弾き心地
その弾き心地を求めるが故、どうしても高額になってしまう傾向がある88鍵MIDIキーボード。
その多くはハンマーアクション鍵盤(重めの引き心地の鍵盤)を採用しているので、ピアノ音源をリアルタイムに演奏する目的以外ではあまりオススメできなかったりもします。
中には比較的軽めのタッチの製品もあったりするので、購入する場合は目的をしっかりと確認しておきましょ。

M-AUDIO Keystation 88


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

今回紹介する88鍵MIDIキーボードの中では一番リーズナブルなモデル。
現状国内で購入できるリーズナブルな88鍵MIDIキーボードとなると、正直このM-AUDIO Keystation 88一択になってしまう。
セミウエイテッド鍵盤を採用しており、ピッチベンドホイール、モジュレーションホイール、スライダーやボタン等のコントローラも装備しているため、マスターキーボードとしても使用できる。ピアノ以外のシンセやドラム等の入力にも使用可能。
人気DAW「Ableton Live」の機能限定版「Ableton Live Lite」、ピアノ音源「Sonivox Eighty Eight Ensemble」が付属する。

Nektar Technology Impact LX88+


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

話題のNektar Technology社のMIDIキーボード「Impact」も88鍵モデルはセミウェイテッド鍵盤仕様。
オクターブとトランスポーズボタン、ピッチベンド、モジュレーションホイール、9本の30mmフェーダー、9個のMIDIボタン、8基のロータリーエンコーダー等、豊富なコントローラー群を装備。
また、DAWインテグレーションという機能によって、簡単な設定のみでCubase、Digital Performer、FL Studio、GarageBand、Logic、Reason、Sonar、Studio One等の主要なDAWに合わせてマッピングされる。
DTMerなら経験したことのあるであろうDAWのコントロール⇔ソフトシンセのコントロールの切り替えについてもボタン1つで切り替え可能。
88鍵モデルでも35,800円程度と比較的安価。

KOMPLETE KONTROL 88


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

KOMPLETEやMaschineでおなじみNative Instrumentsのプロ仕様のフルウェイト、ハンマーアクション・キーボード。
同社のプラグインやNative Kontrol Standard(NKS)に対応した他社製プラグインをNative Map®技術によって自動的にマッピング。
Fatar社製鍵盤使用、Light Guide、Smart Playなど、豊富な機能を詰め込んだ贅沢な一台。
・・・にしても高い。
また、MASSIVE、MONARK、REAKTOR PRISM、RETRO MACHINES、THE GENTLEMAN、VINTAGE ORGANS、SCARBEE MARK I、WEST AFRICA、DRUMLAB、SOLID BUS COMPをバンドルした「KOMPLETE SELECT」付属。
さらに、KOMPLETE KONTROLユーザーは KOMPLETE 10とKOMPLETE 10 ULTIMATE を最大36,000円OFFで購入できる。
・・・にしても高い。
KOMPLETEを持っていないユーザーは購入を検討してもいいかも?

Arturia KEYLAB 88


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

当サイトのオススメのMIDIキーボードのページでも紹介しているハイブリッドVAシンセサイザー「KEYLAB」シリーズの88鍵モデル。
ハードウェアは通常のMIDIキーボードとして使用することが可能なので、同時にアナログシンセ音源も欲しい等という方にはオススメ。
88鍵モデルのみFATAR社製ハンマーアクションキーボード採用しており、ピアノ奏者の仕様を考慮した作りになっている。
付属するソフト「ANALOG LAB」 はとにかく素晴らしく、有名なビンテージアナログシンセのモデリングシンセであるMODULAR V、MINI V、ARP 2600 V、CS-80 V、JUPITER-8 V、PROPHET V、OBERHEIM SEM V、WURLITZER Vから即戦力となる5000もの音色をコレクション。
シンセマニアも納得の音質で脅威のコストパフォーマンスを誇る人気製品。
複数のノブやフェーダー、トランスポート機能も付いており、当然マスターキーボードとしても使用可能。

Roland A-88


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

Rolndの88鍵MIDIキーボード。
高い演奏感を実現するアイボリー・フィールG鍵盤を搭載しており、ピアノタッチを意識した製品。
KAWAIのVPC1同様、アコースティック・ピアノ同様のハンマーの重さだけで動作する鍵盤構造を採用しており、ピアノらしい自然な演奏感を実現している。
鍵盤表面は吸湿性に優れた素材を使用しており、汗などによる鍵盤でのスリップを抑える使用。
割当可能な2つのボタン、2つのノブ、各種ペダル端子を搭載しており、「SuperNATURAL」モードを使用して、INTEGRA-7やJUPITER-80/JUPITER-50などのSuperNATURAL音源をコントロールできる。
Win/Macの他に、iPadへの接続にも対応しており、iPad上の音源を演奏したり、リアルタイム・コントロールすることも出来る。
SONAR X1 LE」を同梱。

KAWAI VPC1


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

オール木製鍵盤のソフトピアノ音源をリアルタイムで演奏する目的で作られたMIDIキーボード
鍵盤にはグランドピアノと同じバネを使わないシーソー構造を採用しており、リアルなピアノタッチを実現している。
また、本物のグランドピアノと同じ3本のペダルが同軸されており、まさにピアノ弾きの為のMIDIキーボード。
ということで、ピッチ・ベントホイールやモジュレーションホイール等は一切搭載していないのでマスターキーボードとしての機能は無い。
中途半端なことはせず、ピアノ音源の演奏に特化しているわけだ。
さらに注目したいのが、ピアノ技術者とカワイの鍵盤設計エンジニアチームが作成したというIvoryⅡシリーズやNative InstrumentsのAlicia Keys等、人気ソフトピアノ音源専用のタッチカーブを搭載している点。
もちろん、エディターソフトウェアを使って、自分に合ったタッチカーブの編集、ベロシティ調整、MIDIルーティング等の設定も可能。
ぶっちゃけ子供の頃から「アンチカワイ」で育ってきたが、このVPC1の登場でちょっとKAWAIが好きになった。
正直、国内メーカーがここまでやるとは思わなかった。

Studiologic SL88 STUDIO


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

ハンマーアクション、3コンタクト・スイッチ、アフタータッチ対応の”TP/100LR”鍵盤を採用したピアノ弾きの為のMIDIマスターキーボード。
視認性の良いカラーLCDを搭載し、88鍵タイプでは最小とも言える横幅1260mmを実現。
パラメーターを瞬時に変更できる3本のジョイスティック、アサインが可能なペダル入力×4を搭載。
3つのダイナミック・カーブと6つのユーザー・カーブを設定可能。

Studiologic SL88 GRAND


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

上記SL88 Studioの木製鍵盤Ver.
FATAR鍵盤を搭載した、ハンマーアクションMIDIマスターキーボード。
同じく視認性の良いカラーLCD、パラメーターを瞬時に変更できる3本のジョイスティック、アサインが可能なペダル入力×4を搭載。
3つのダイナミック・カーブと6つのユーザー・カーブを設定可能。
ピアノ弾きにはグッとくる一台。

以上。

その他にもCMEの「Z-KEY88」や、ALESISの「Q88」があるが、国内では取り扱っていない模様。
楽器屋さんに直で取り寄せてもらえば購入出来るかも。
なるべく安い88鍵MIDIキーボードが欲しいのであれば、ALESISのQ88あたりが良いと思う。

こちらの記事もチェック

オススメのMIDIキーボード