オススメのモニタ

LINEで送る
Pocket

モニタスピーカー

ここでは、DTM用途向けの比較的小さめのオススメモニタスピーカーを紹介します。

YAMAHA MSP3

フラットで非常にモニタリングに適していると言われているYAMAHAの「MSP STUDIO」シリーズ直系のコンパクトモデル。
大きさも小さく机の上にもすんなり置ける手ごろなサイズ。
音質も非常にクリアで定位もきちんと捉えることができる。
とにかく飾り気のない素直な出音が◎。
パワーも一般家庭で出せる音量を考えれば十分。
細かな調整等になってくると少し厳しくなってくるかもしれないが、価格もリーズナブルな部類になるので「最初のモニタスピーカー」としてオススメしたいモニタ。
普通に作曲したりアレンジしたり、比較的簡易的なミキシングしかしないという方であれば、十分ハイクオリティなサウンドでDTMを楽しむことができるはず。

メーカーHPへ。

こんな人におすすめ
・ある程度しっかりしたモニタ環境を構築したい。
・予算が限られてる。

YAMAHA MSP5 STUDIO

銘機「NS10M STUDIO」を開発したチームによるニアフィールドモニター「MSP STUDIO」シリーズの一番小さいサイズ。
フラットさに定評があり、モニタスピーカーとして各方面での評価も高い。
音質も非常にクリアで音像や定位もしっかりと捉えることができる。
前述のMSP3同様、とにかく飾り気のない素直な出音が特徴。
ある程度大音量でモニタリング出来る環境で本格的なミキシングをしたいならこちらのモデルをオススメする。
コスパはかなり高い部類。

メーカーHPへ。

こんな人におすすめ
・本格的なモニタ環境を構築したい。

ADAM A5X

予算に余裕があるなら是非オススメしたいモニタスピーカー。
ADAM AXシリーズは、全世界でいくつもの賞を獲得したADAM Aシリーズの後継機種で各方面の評価は非常に高い。
ここで紹介する「A5X」はAXシリーズの中で2番目にコンパクトなモデルで、小さいボリュームで使用してもしっかりとパフォーマンスを発揮するDTM環境にはもってこいのモニタ。
音質はYAMAHAのMSPと同じくとにかく飾り気のない素直で非常にクリアな出音。
もう一つサイズの小さい「A3X」もオススメ。

メーカーHPへ。

こんな人におすすめ
・スタジオ級のモニタ環境を構築したい。
・金?そんなもんいくらでもある。

GENELEC 8020CPM

定番のスタジオニアフィールドモニタスピーカー。
各方面での評価も非常に高く、普及率は高い。
8000シリーズにはいくつかモデルが存在するが、ここで紹介するのは8000シリーズの中でも一番コンパクトな「8020CPM」。
音質については当然素晴らしく非常に「パワフル」。
一般家庭でどれだけパフォーマンスを引き出せるかと言われると正直何ともいえないが、ある程度のボリュームでもかなりパワーのある出音。
モニタリングに適しているかといわれるとなんとも言えないが、個人的にはかなり好みの出音である。

メーカーHPへ。

こんな人におすすめ
・スタジオ級のモニタ環境を構築したい。
・金?そんなもんいくらでもある。

モニタ向けヘッドホン

MDR-CD900ST

どこのスタジオにも必ずあるといってもいい程の普及率を誇る有名モニタヘッドホン。
定番中の定番。
実はここまで普及している理由は「音質」ではないということは筆者自信も最近知った。
とは言うものの音質は非常にクリアで、なんというか奥の奥までモニタリング出来る。
味気の無い素の音がモニタリング出来ることも人気の理由。
細かい音像、エフェクトのかかり具合の調整をするにはもってこい。
スピーカーの他に用意しておきたい。

こんな人におすすめ
・しっかりしたモニタ環境を構築したい。

AKG K240MK2


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
ヤフオク!で検索してみる。

こちらも定番モニタヘッドホン。
こちらもフラットで素直な出音を得られる。
CD900STと比較すると音が柔らかめという意見が多い。
CD900STが国内の定番であるのに対してこちらは海外の定番と言った感じだろうか?
定位、音像も捉えやすい。

Beats Pro


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
ヤフオク!で検索してみる。

こちらは最近Appleに仲間入りしたBeatsのヘッドホン。
視聴したてみたら、かなり良かったので紹介する。
どこまでも音が見える気になるほどクリアな出音。
音像や定位もかなりはっきりしており奥行きや広がりもしっかりと捉えることができる。
音が立体的で空間をイメージしやすい。
CD900STなどのような「素の音」という感じではなく、いわゆる「作られた出音」という感じではあるが・・・そんなことは・・・どうだっていい。
好きになってしまったものはしょうがない。
もともとDJ向けの製品らしいがモニタ用としても全然いける。
ま、なんてったって見た目がダントツかっこいい。
上の2機種と比べると少々値は張るが、ぜひ試してみてほしい一品。

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

  1. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  2. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
  3. 3.ピアノロールの仕組みを理解する。 さてさて。 音楽の世界での「一拍」と「テンポ」についての意…
  4. 「DTMを始めてみたけど、まずもってピアノロールというものの仕組みがよくわからん!」 というD…
  5. どもども。 今回は、コンプレッサーによる「音の余韻のコントロール」について解説してみようと思う…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る