REAL GUITARでおなじみのMusic Labがエレキギター音源「REAL RICK」を発表。待望のAAX対応も!

LINEで送る
Pocket

人気ギター音源Real GuitarReal StrutReal LPCでおなじみのMusic Labから、新しく「Rickenbacker」をサンプリングしたエレキギター音源「REAL RICK」が発表された。

Music LabのREALシリーズは、MIDIキーボード/MIDIシーケンサーでのギター演奏を追求したリアルなギターパフォーマンスを実現するというコンセプトのもとに作られたギター音源。
Rickenbacker(リッケンバッカー)は、ビートルズを始め、様々なアーティストが愛用してきたエレキギターのブランド。
REAL RICKは、そんなRickenbackerのModel360、Model360/12(12弦)を24bit/96KHzでサンプリングしたエレキギター音源。
今までのREALシリーズ同様、Solo、Chords等の操作モード、キースイッチやホイール/ベロシティ/サステイン・ペダル等を用いたアーティキュレーション・コントロール、パターンマネージャなどを搭載。
サステイン、ストラム、ミュート、ブリッジミュート、スライド、チョーキング、トリル、ピックスクラッチ、他、様々なギター特有の奏法を再現できる。
サウンド・ヒューマナイズ・テクノロジー(いわゆるラウンドロビン機能)も搭載しており、非常にリアルなエレキギターの打ち込み、キーボードでの演奏が可能となっている。
再現できるアーティキュレーション(ギターの奏法)は以下の通り。

フルレングス(アタック/サスティーン)
アップ/ダウンストローク
ミュート(フレット・ハンド・ミュート)
ブリッジ・ミュート
ハーモニクス、ピッキング・ハーモニクス
スクレイプ(グリス、ピックスクラッチ)
ピック・ポジション選択
ピック・ノイズ(レベル調節可能)
フレット・ノイズ(オート)
リリース・ノイズ(オート)
タッピング
ハンマリング・オン(プルオフ)
レガート
スライド・レガート(アップ/ダウン)
スライド・オート(アップ/ダウン、スピード調節可能)
トレモロ(アップ/ダウンストローク、スピード調節可能、テンポ同期)
トリル(スピード調節可能、テンポ同期)
ベンド・オート(ベンド幅、スピード調節可能)
リバース・ベンド・オート(ベンド幅、スピード調節可能)
モノベンド (ユニゾンベンド、低域弦のベンド)
インターバル(4th、5th、Octave、2 Octaves、Power Chords、等)
ストラム(アップ/ダウン)
ミュート・ストラム(アップ/ダウン)
スロー・ストラム(アップ/ダウン)
バレーコード・ミュート(アップ/ダウン、複数の弦の組み合わせ)
ストラム・スピード調節可能
ストラムの弦の組み合わせを変更可能
ストラムで使用する弦の本数を変更可能

作り込めばかなりリアルなエレキギターを奏でることができる。
また、普通これだけのアーティキュレーションが用意されていると、某ギター音源のようにかなり操作が複雑になるイメージが強いが、このREALシリーズはMIDIキーボード/MIDIシーケンサーでのギター演奏を追求した音源。
かなりわかりやすい操作性を実現している。
筆者もREAL GUTARを所有しているが、操作性は非常に優秀。
オススメできる。
肝心の音質もなかなかのもの。

また、今までのREALシリーズはPro toolsのプラグイン規格である「RTAS」、「AAX」に対応していなかったが、今回のREAL RICKはAAXに対応。
これまで、

「Real GuitarはPro toolsで使えないからな〜」

という声がかなり多かったので、これはかなり嬉しいニュースである。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。 …
  2. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  3. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  4. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  5. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
ページ上部へ戻る