TASCAMが10IN2OUTコンパクトオーディオインターフェース「SERIES 102i」を発表

TASCAMが10IN2OUTコンパクトオーディオインターフェース「SERIES 102i」を発表

TASCAMは10IN2OUTのコンパクトオーディオ/MIDIインターフェース「SERIES 102i」を発表した。

SERIES 102iは、本体内にコンプレッサー、4バンドEQ、リバーブ、フェーズ機能を有したDSPミキサー搭載した10IN(アナログ2)2OUTのオーディオインターフェース。
超低ノイズultra-HDDAマイクプリアンプを2系統搭載
しており、最大24bit/192kHzオーディオフォーマットに対応する。
ゼロモニタリングを可能にするダイレクトモニター搭載、DSPフルモジュールミキサー、入出力ルーティング機能などを搭載する。

2つのXLR/TRSコンボジャックのほか、S/MUX光入力端子により8入力へ拡張可能となっている。
その他、MIDI IN/MIDI OUT端子も装備。
シルバーのメタルボディがイカす。
バンドルソフトウェアは、

Steinberg Cubase LE/Cubasis LE
IK Multimedia AmpliTube
T-RackS TASCAM edition

AmpliTubeとT-RackSが付属するのは、ギタリストやバンドマンにはかなり魅力的なポイントになるのではないだろうか。

価格はオープン価格で市場予想価格は現時点では不明。

2019年春発売。