オーディオインターフェースを選ぶときのポイント

LINEで送る
Pocket

1.ASIO、Core Audioに対応しているか?

ASIO」、「Core Audio」とは、オーディオドライバの規格の名称です。
例えば、ギターを録音する場合、

①オーディオインターフェースからギターの音を入力

②パソコンがデジタル処理

③オーディオインターフェースから出力

このような流れになるのですが、ここで問題になってくるのが②のデジタル処理です。
デジタル処理にはどうしても0.0◯秒の時間がかかります。
つまり、ギターの弦を弾いてから0.0◯後に音が出力されるという現象が起きるわけです。
この音が遅れて聴こえる現象を「レイテンシー」と呼びます。
たかが0.0◯秒ですが、音楽の0.0◯秒のズレは致命的です。
リルタイムの録音なんて出来たもんじゃありません。
この0.0◯秒の遅れをほぼ0に近い値まで小さくしてくれるドライバが「ASIO」や「Core Audio」です。
最近は、ほとんどのオーディオインターフェースが「ASIO」や「Core Audio」に対応していますが、リーズナブルなモデルの中には対応していないものもあるので注意してください。
ちなみにレイテンシーという現象はソフトサンプラーやソフトシンセ等の音源でも発生しますので注意が必要です。
また、最近ではASIOに対応していないPC内蔵サウンドカード等をASIO対応に出来る「ASIO4ALL」等のソフトも登場しています。
筆者は試したことはないのですが、いきなり万単位のお金をかけてオーディオインターフェースを買うのはちょっと・・・という方はこういったものを試してみるのもありかもしれません。
当然、マイクやギターを入力する端子は無いままですが。

2.形状

オーディオインターフェースの形状にはギター入力特化型、モバイル、卓上、ラック、ミキサータイプ等、様々なものがあります。
昔はラックタイプのものが一番音が良い印象がありましたが、今はコンパクトな卓上型でもモバイルタイプでもかなり高音質なモデルが増えているので、これについては、用途や見た目の好みで決めていいと思います。
・・・ある意味インテリアでもありますから(笑)。
下のオススメのオーディオインターフェースにも様々な形状のものを紹介してますので、覗いてみてください。

3.入出力数

オーディオインターフェースは、製品によって入力出来るチャンネル数、出力出来るチャンネル数が異なります。
入力出来るチャンネル数は、同時に録音出来るチャンネル数とイコールとなるので、バンドの一発録り等がしたい場合には、録音したい楽器の数だけチャンネル数が必要になります。
出力も家でDTMを楽しむだけなら2チャンネルくらいで十分ですが、スタジオ用途等の場合は確認しておいたほうが良いでしょう。
家で1人でDTMをやるレベルなら2in2outで十分です。
ただし、端子の形状には十分注意してください。

RCA
一昔前のコンポやテレビに付いていた赤白のアレ。

TRS(TS)
カラオケのマイクに付いてるアレ。ギターをアンプに繋ぐアレ。ヘッドホンに付いているでかめのアレ。

XLR
コンデンサマイクを繋ぐアレ。

ものによっては10in10outでも10個のうち4個はXLR、6個はTRSだったりするので注意が必要です。
XLR>TRS>RCAの順で「ノイズに強い」とか「音質が良い」などと言われていますが、DTMの場合配線の長さも非常に短いのでほとんど差は無いと思ってもらってかまいません。むしろ気をつけなければいけないのはシールド(ケーブル)の「素材」でしょう。
また、ギターやコンデンサマイクを接続したい場合は、ハイインピーダンスに対応しているか、マイクプリやファンタム電源は付いているかも確認する必要があります。
また、マイクプリはマイクプリの数と入力数の数が必ずしもイコールではないので注意してください。

「16の入力に対応しているが、マイクプリが付いているチャンネルは2つだけ」

という場合も珍しくありません。
むしろそっちの方が多いです。

4.音質

音質についてはぶっちゃけ好みの問題もあります。
一概に何が良いとは言えないので、ここではサンプリングレートとビットレートについて説明したいと思います。
 
サンプリングレート
波形を標本化するときにどれだけ細かくスライスするか。

ビットレート
スライスしたデータ一つ一つの情報量。

と言ってもわかりにくいですかね?
簡単に言ってしまえば、液晶やデジカメの画素数みたいなものです。
この2つの数値が大きくなるほど、元の波形をリアルに録音出来るってことです。 
イメージしやすいように図を用意しました。
以下のような波形を録音するとします。

サンプリングレートとは、この波形を録音(データ化)するとき縦にいくつにスライスするかです。

そして、ビットレートとはスライスした一本のデータを横にいくつにスライスするかです。
正確には、スライスした1本当たりの情報量になります。

つまり、この2つが大きくなればなるほど、原音に近い状態で録音出来るというわけですね。


縦の線がサンプリングレート、横の線がビットレートだとすると・・・。

それぞれの値が大きい(細かい)方がもとの波形に近い状態で録音できる。

現在普及しているオーディオインターフェースは、サンプリングレートが44.1〜192kHz、ビットレートが16〜24bitといったところです。
ビットレートについては24bitに対応していモデルを選べばまず問題ないです。
サンプリングレートについては、初心者の方であれば正直44.1kHzでも全然問題ないと思います。
一番下!?と思うかもしれませんが、44.1kHzってかなり高音質ですよ?
上の図のように元の波形からほど遠いような解像度ではありません。
ちなみに音楽CDのサンプリングレートとビットレートは44.1kHz/16bitです。
十分だと思いません?
かなりこだわるという方でも96kHzあれば満足出来ると思います。
それに、長年DTMをやっていると「音がキレイすぎる」という贅沢な壁にぶち当たります。高音質で録音出来れば何でもOKという訳でもありません。
それから、192kHzの高いサンプリングレートで録音したからといって、プロのような音で録音出来るわけではないということを覚えておきましょう。
あそこには、プロの経験と知識が詰まっています。
当然ミュージシャンの腕も。
とは言うものの、最近はリーズナブルなモデルでも192kHzに対応したものも多いので、不安な方は192kHzに対応したモデルを購入してしまってもいいと思います。

次に出音についてですが、ここはかなり好みの世界になってきます。
一番間違いないのは楽器屋さんに出かけて音を聞いてみることです。
個人的には、リーズナブルなモデルでも自分が十分良い音だなと思ったのなら、無駄に高いものを買う必要はないと思います。
おそらく初心者の方は、その分、音源やプラグイン・エフェクトにお金をかけた方が気持ちよく音楽製作ができると思いますよ。

5.接続方式

オーディオインターフェースとパソコンを繋ぐ接続端子は、一昔前まではIEEE1394(Firewire)というものが主流でしたが、現在はUSBが主流になっています。
「Firewire接続のこのオーディオインターフェースが使いたい」という方以外はUSB接続のタイプ、もしくはハイブリッドタイプのモノをチョイスしましょう。
他にも「PCI Express」等で接続するものもありますが、USBのデータ転送速度もかなり向上しているのであえて選ぶ必要はないと思います。
また、USBには2.0と3.0という規格がありますが、ほとんどのオーディオインターフェースが2.0に対応しています。
今からパソコンを購入するとUSB3.0のポートが付いていると思いますが、2.0の機器は3.0のポートでも使用することができるので問題ありません。


時代の残党「ieee1394」。昔は高級オーディオIFと言えばこれでした。

現在リリースされているオーディオIFはUSBによる接続が主流。

また、最近はUSB3.0よりも高速な転送速度を誇るThunderboltという規格で接続するモデルも増えてきています。
多チャンネルを同時にレコーディングしたり、DSPプラグイン(※後述)を多用する等、多くの情報のやり取りが必要になる可能性がある方は検討してみてもいいかもしれません。

6.付属物

最近は、オーディオインターフェースに何かしらの付加価値が付いてくるものが増えてます。
傾向としては、

ローエンドモデル
DAW・音楽制作ソフトの機能限定版が付属

ミドル~ハイエンドモデル
DSPエフェクトを搭載

といった感じでしょうか。
DSPエフェクトとは、オーディオインターフェースの中にパソコンのCPUのようなものが付いていて、パソコンのCPUに負荷をかけることなく使用できるエフェクトのことです。
最高に魅力的に聞こえますが、自分で準備したプラグインエフェクトが使えるわけではないので注意してください。
基本的なエフェクトであるEQ、コンプ、リミッター、ディレイ、リバーブ等が用意されている場合が多いですが、あくまでモニタ用としてしか使えない機種も多いので注意が必要です
つまり、ボーカルにDSPのコンプを掛け録りしようとしても、エフェクトのかけた音は録音できない機種も多いので気をつけましょう。
掛け録りできるものであればコンプやリミッターはあると便利ですね。

また、付属するDAW・音楽制作ソフトについては、機能限定版といってもかなり優秀です。
基本的なことはほとんどできてしまうので、初心者の方はこういったモデルを購入してしまえば、DAW・音楽制作ソフトを別途準備しなくても何とかなったりします。
ほとんどの付属ソフトが、後から自分で購入した音源やエフェクトを使用することも出来るので、DAW・音楽制作ソフトの機能そのものに満足できなくなったら単品で購入するという方法も非常にオススメです。
意外と最初は付属のソフトで満足できてしまうと思います。

機能限定版DAW・音楽制作ソフトが付属するオーディオインターフェース
オススメのオーディオインターフェースのページへ

LINEで送る
Pocket

ページ上部へ戻る