スポンサーリンク

超初心者のためのミキシング講座 / レベル・Pan編

スポンサーリンク

さて、下ごしらえも終わったのでここからは本格的にミキシングっぽいことをやっていく。
今回はレベルとPanの調整。
ほとんどの人が曲を作る段階である程度の調整をしているとは思うが、前回MIDIトラックのバウンスなども行っているので再度調整してみてほしい。
また、これから様々な処理をしていく中でレベルやPanの細かな微調整は都度していくことになる。
ここでの調整はあくまで「」になるということを覚えておいてほしい。

ミキシング・コンソール

ほとんどの主要なDAWには、楽曲を製作するためのインターフェースミキシングを行うためのインターフェースの2種類が用意されている。
各名称はDAWによって様々だが、ここでは前者を「製作画面」、後者を「ミキサー画面」と呼ばせてもらう。


Logicの製作画面。

Logicのミキサー画面。

ミキサー画面には、使用しているトラックの数だけチャンネルストリップと呼ばれるコントローラが並んでおり、最後尾にMain Output(Master)のチャンネルストリップがあるというのが一般的が作り。
要はアナログミキサーやプロの現場で使われている音響機材であるミキシング・コンソールをコンピュータ上に再現したものだ。
各チャンネルストリップには以下のようなパラメータがあり、それぞれの役割は以下の通りとなっている。

Level(フェーダー):該当トラックの出力レベルをコントロールする。
Pan:該当トラックの音の左右の定位をコントロールする。
Mute:該当トラックの音をミュートする。
Solo:該当トラックの音をソロで再生する。(他のトラックがミュート状態になる)
Bus:該当トラックのメイン出力先を設定する。(前回説明した「Bus」)
Aux:該当トラックのAuxチャンネルへの出力量を設定する。(前回説明した「Aux」)

最近のDAWは「製作画面」のままでもミキシングが出来る作りになってはいるのだが、レベルとPanの調整をはじめとするミキシングの作業は、この「ミキサー画面」で行うことをオススメする。
理由は至ってシンプル。
単純にミキシングしやすい。

それになんというか・・・「オレ、ミキシングしてる!」っていう気になれる。

製作画面とミキサー画面の表示切替方法については、各自マニュアルかGoogleで参照してほしい。

レベルの調整

レベルとは音の出力レベル、すなわち音量のこと。
単位はdB(デシベル)で、該当トラックのLevelフェーダーを動かして音量を調整する。
レベルの調整でコントロールできる配置は主に音の前後
基本的には、レベルが大きいほうが近くで音が鳴っているように、レベルが小さいほうが遠くで音が鳴ってるように聴こえる

最初に考えた配置を参考に、一番手前で聴かせたいもの、奥で聴かせたいものを意識して各トラックのレベルを調整してみてほしい。
・・・、ぶっちゃけレベルだけで表現出来る音の前後にはある程度の限界があったりもする。
そりゃそうだ。
現実の世界には「近くでなっている音量の小さい音」というものも存在する。
人間の耳は、音量だけで音の前後を感じ取っているわけではないのだ。
なので、実際はレベル以外にPanやコンプレッサー、リバーブと言ったエフェクトを使用して音の前後を固めていく。
エフェクトを使用する予定が無いという場合でも、後述のPanの設定と同時進行でレベルの調整を行ったほうが良いだろう。
また、レベルの調整を行う上で注意してほしいのが、各トラックのピーク時のレベルが0dBを超えないように調整をしなければならないという点。
前回も少し触れたが、0dBを超えると音がクリッピング(音が割れる現象)を起こす可能性があるためだ。
・・・で、実はこれ、Master(Main Output)トラックについても言えることだったりする。
超初心者の方にお伝えしておくが、各トラックのレベルを0dBギリギリに調整すると、マスタートラックのレベルはほぼ100%の確率で0dBを超える
これは各トラックの音のレベルがたし算される為に起きる現象で、このことを踏まえたうえで各トラックのレベルを調整しなければならない。
ということで、各トラックのレベルは-8~-6dB位に調整するのが一般的となっている。

え–!!そんなに小っちゃくしたらオレ聴こえねーよー!!

という方。

落ち着け!!

そんなときはオーディオインターフェースやサウンドカードのモニター音量を上げれば聴こえるようになる。
ただし、モニター音量を上げた状態で市販のCDやYoutubeの動画を視聴しないように
耳がやられる。
Main Outそのものについても、後の処理で0dBでもちゃんと聴こえるようになっていくので心配せずに。
また、どの音を基準にレベルを整えるかだが、この段階ではあまり深く考えずにドラムのキックを基準にレベルを合わせるといいと思う。
キックのオーディオデータは、アタック部分(ドンッ!という音のド頭)のレベルだけが極端に大きい。
また可聴周波数以下の低域周波数帯域を多く含んでいる場合も多いのでクリッピングしやすい。
うわものなどを基準にレベルを調整すると、キックなどのドラムのレベルが思うように上げられないということがあったりする。
なので、キックのレベルをピークで-8~-6dBほどになるように調整をして、それを基準にして他のパートのレベルを調整してやるのがいいだろう。
また、十分な音圧のサンプルを使用しているか、レコーディング時に何等かの処理をしていない限り、-8dB~-6dB位のレベルで市販のCD等と同じ大きさで聴こえるようにするのは不可能に近いので、ここではあまり深く考えずピークが-8dB~-6dB位になるように調整してやればOK。