オススメのコントロールサーフェース

LINEで送る
Pocket

FaderPort(PRESONUS)

最小限のコントロールシステムを凝縮したコンパクトコントロールサーフェース。
トランスポートボタンと、フェードとオートメーションのドローに使用できるAlps製の最高級タッチセンシティブ・モーター・フェーダーが搭載されている。
パンチ、ユーザー、ループ、スタート、エンド、巻戻し、早送り、停止、再生、録音、パン、ミュート、ソロのコントロール、ドローを手元で行えるようになる。
フェーダーや各ボタンは1つしか搭載していないが、トラックの切り替えはボタン一つで行えるので不便さはあまり感じない。
ミキサー感覚で使用することは出来ないが、基本的な操作をする分には最適。

メーカーHPへ。

Mackie Control Universal Pro(MACKIE)

超有名コントロール・サーフェス。
「MACKIE」はもともとハードミキサーで有名なブランドである。
主要なDAWに対応しており、煩わしいMIDIマッピングなどの設定無しでDAWのあらゆる機能をMCUでコントロールできるようになる。
トランスポートボタン、ホイール、8トラックのフェーダー、ソロ、ミュート、録音待機ボタンなど、主要なDAW環境に瞬時にマッピングされる。
Alps製の100mmタッチセンシティブ・モーター・フェーダーを合計9本搭載しており、操作性は抜群。
その辺のMIDIキーボードに付いているフェーダーとは訳が違う。
自動でウィンウィン動くフェーダーは非常にかっこ良く、筆者は購入当初意味も無く電源のON/OFFを繰り返していた。
また、各フェーダーチャンネルには現在の値を表示するLEDディスプレイに囲まれた、Mackie純正のロータリーV-Potを搭載。
8チャンネルの拡張コントロール・サーフェス「MACKIE CONTROL EXTENDER PRO」で必要な数のフェーダーやポットを追加することが可能で、ハードミキサーと同じ感覚で本格的なミキシングがスムーズに行える。

メーカーHPへ。

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

  1. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  2. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
  3. 3.ピアノロールの仕組みを理解する。 さてさて。 音楽の世界での「一拍」と「テンポ」についての意…
  4. 「DTMを始めてみたけど、まずもってピアノロールというものの仕組みがよくわからん!」 というD…
  5. どもども。 今回は、コンプレッサーによる「音の余韻のコントロール」について解説してみようと思う…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る