オススメのベース音源

LINEで送る
Pocket

マルチベース音源編

Trilian (Spectrasonics)


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で「Trilian」を検索。

アコースティックベース、エレキベース、シンセベース、全てのベースを網羅するベース専用音源の決定版。
とにかく全てにおいて音質は最高級。
音色の中心となるのは34GBのコア・ライブラリー。
30種類のエフェクトも内蔵しており、細かな音の作り込みも出来る。
エレキベースについてはスライド、ビブラート、スタッカートなど様々なアーティキュレーションも再現可能。
さらには ヒューマナイズ機能も搭載し、アコースティックベースの微妙なピッチのずれ等も再現可能。
オススメです。

メーカーHPへ。

価格
30,000円前後
動作環境
Win/Mac対応
対応するプラグイン規格
VST/AU/RTAS
向いているジャンル
POP、ロック、ハウス、テクノ、R&B、エレクトロ等オールジャンル。
こんな人におすすめ
・とにかくクオリティの高いベース音源が欲しい。
・いろんなジャンルの曲が作りたい。

収録サウンド
[エレキベース]
5弦のMusic Man Studio Bass
Fender Jazz Bass
Epiphone Retro 60’s Bass
Hardcore Rock 5-string
Lakland Rock P-Bass
Chapman Stick

[シンセベース]
Yamaha CS-80、Cwejman Modular、Moog Minimoogなど、333種類のシンセ・ベース。

[アコースティックベース]
真空管マイクによるレコーディングサンプル。

合計34G。

搭載エフェクター
チューブ・リミッター、コンプレッサー、ワウ、フィルター、EQ、ディストーション、リバーブなど30種類以上。

特徴
・弾くたびにサンプルが入れ替わる「ラウンド・ロビン」仕様。
・ヒューマナイズ機能搭載。
・アンプ/マイクと、DIアウトをミックス可能。
・フィンガー、ピック、スラップ、タップ、ミュートなど、多彩な奏法。
・ハンマーオン、プルオフ、トリル、スタッカート、レガート、サスティン、ビブラート、スライド・アップ、スライド・ダウン、グリス・アップ、ハーモニクス、Xノートなどのアーティキュレーションを再現可能。

Basis (VIR2)


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で「Basis」を検索。

人気ギター音源「ELECTRI6ITY」で有名なVIR2のマルチベース音源。
エレキ、アップライト、シンセ全てを網羅しており、エレキベースに至ってはジャズベ、プレベ、スティングレイ、リッケンバッカー等、ベーシストにはお馴染みの名器が用意されている。
また、DI音(クリーンサウンド)とアンプ音の両方が準備されており、本物のベースミキシングと同じように2つを混ぜ合わせて音を作りこむことができる。
もちろんDI音のみでの発音もできるので、お好みのアンプシミュレーターを使用することも可能。
ヒューマナイズ機能も搭載しており、リアルな演奏が可能となっている。

メーカーHPへ。

価格
36,000円前後
動作環境
Win/Mac対応
対応するプラグイン規格
VST/AU/RTAS
向いているジャンル
POP、ロック、ハウス、テクノ、R&B、エレクトロ等オールジャンル。
こんな人におすすめ
・とにかくクオリティの高いベース音源が欲しい。
・表現力の高いエレキベース音源が欲しい。
・いろんなジャンルの曲が作りたい。

収録サウンド
[エレキベース]
Gospel.nki
Jazz Bass Back Pickup.nki
Jazz Bass Full Tone.nki
Jazz Bass Picked.nki
Macca’s Hofner.nki
Motown.nki
Musicman.nki
Precision Bass.nki
Rickenbacker.nki

[フレットレス、アップライト]
Fretless.nki
Fretless Hollow Tone.nki
Fretless Jaco.nki
Upright.nki

[スラップベース]
Jazz Bass Back Pickup Slap.nki
Jazz Bass Full Tone Slap.nki
Musicman Slap.nki
[シンセベース]
130種類以上。

搭載エフェクト
EQ、オクターバ、コンプレッサー、サチュレーション、ローファイ、ディストーション、リミッター、フェイザー、フランジャー、コーラス、リバーブ、ディレイ

特徴
・DIサウンドとアンプサウンド両方を収録。
・ヒューマナイズ機能
・ビブラートは、種類、スピード、深さなどを調整可能。
・リリース・サンプル、ハーモニクス、ハンマーオン、プルオフ、スライド、スラップ、フォール、ピッキングノイズ、リリースサンプル、フレットノイズ

エレキベース編

SCARBEE JAY-BASS (Native Instruments)

ソフトシンセで有名なNative InstrumentsによるFenderのJazz Bassの音色をサンプリングしたベース音源。
指弾きとスラップ奏法に特化した内容になっている。
4弦全てのサンプリング音を、右手の人差し指と中指のサンプルの自動ローテーション(キースイッチを使っての制御も可能)で演奏。
キースイッチによりサスティン、ミュート、ハンマリング、プルオフ、トリル、ハーモニクス、スライド、ノイズ、コード演奏まで様々な演奏テクニックを再現可能。
DI音(クリーントーン)で収録されているため、アンプシミュレーターで好みの音に加工することができる。
音質はなかなかのもの。
この価格でこのリアルさはオススメせずにはいられない。

※この製品はNI社のバンドル製品である「KOMPLETE 10 ULTIMATE」にも含まれています。
オススメのマルチ音源/バンドル音源のページへ。
メーカーHPへ。

価格
6,800円
動作環境
Win/Mac対応
対応するプラグイン規格
VST/AU/RTAS/AAX
向いているジャンル
POP、ロック、R&B等、フィンガー/スラップベースを使用する全てのジャンル。
こんな人におすすめ
・とにかくクオリティの高いベース音源が欲しい。
・表現力の高いリアルなフィンガーベース、スラップベース音源が欲しい。
・JAZZ BASSの音が好き。

収録サウンド
70年代後期のJAZZ BASS
DI音(クリーントーン)のみ。
特徴
・右手の人差し指と中指のサンプルの自動ローテーション。
・様々なアーティキュレーションと演奏テクニック。
サステイン
ミュート
ハーモニックス
ハンマリング
プルオフ
高速の装飾音
スライド – あらゆるインターバルやスピードで
トリルとTrill-Tails
バズ・トリル
クロス・ハンマリング
コード
コード・スライド
パーカッシブ・スライド
人差し指と中指のローテーション
リリース・サンプルのセットが2種類
ピックアップ・ヒットのノイズ音
フレットのノイズ音

SCARBEE RICKENBACKER® BASS (Native Instruments)

同じくNative InstrumentsによるRickenbackerの4003の音色をサンプリングしたベース音源。
「SCARBEE JAY-BASS」とは逆に、ピックでの奏法に特化した内容になっている。
ハンマリング、アップダウンピッキング、トリル、パームミュート等の奏法の表現が可能。
DI音をはじめ、アンプを通した音まで様々な音色が収録されおり即戦力にもなる。
もちろんお好みのアンプシミュレーターを使用して音を作りこむことも可能。
こちらも音質は最上級。
ロックに最適。
かなりリアルに奏でてくれる。

※この製品はNI社のバンドル製品である「KOMPLETE 10 ULTIMATE」にも含まれています。
オススメのマルチ音源/バンドル音源のページへ。
メーカーHPへ。

価格
9,800円
動作環境
Win/Mac対応
対応するプラグイン規格
VST/AU/RTAS/AAX
向いているジャンル
POP、ロック、ハードロック
こんな人におすすめ
・とにかくクオリティの高いベース音源が欲しい。
・表現力の高いリアルなピックベース音源が欲しい。
・Rickenbackerの音が好き。

収録サウンド
Rickenbacker 4003
DI(クリーントーン)サウンド、様々なアンプサウンド
特徴
・様々なアーティキュレーションと演奏テクニック。
サステイン
ミュート
アップ・ダウンピッキング
トリル
ピックアップクラップ
フレットポジションの選択
スライド

アンプシミュレーター編

おすすめのアンプシミュレーターのページへ。

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

  1. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  2. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  3. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
  4. 3.ピアノロールの仕組みを理解する。 さてさて。 音楽の世界での「一拍」と「テンポ」についての意…
  5. 「DTMを始めてみたけど、まずもってピアノロールというものの仕組みがよくわからん!」 というD…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る