誰でも簡単にサイドチェイン(ダッキング)効果を得られる便利なプラグイン特集。

LINEで送る
Pocket

どもども。

先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。

記事後半に書いてある「疑似サイドチェインに便利なプラグイン」を教えてほしい。

という内容。

・・・そこかーい

・・・ということで、今回は疑似サイドチェインに便利なプラグインをいくつかご紹介。

Waves OneKnob Pumper

ご存知WavesのOneKnobシリーズ。
Pumperはダッキングを再現するために作られたプラグイン。
1つのノブと2つのパラメータしか搭載されておらず、手軽に本格的なダッキングを再現できる。
数年前にブラックフライデーの無料プラグインとして配布された。
現在は約1万円で購入可能。
・・・ちと高い。

XFER RECORDS LFO TOOL

ボリュームやパンを簡単にコントロールできるプラグイン。
画面上のカーブをマウスで操作するタイプなので初心者でもとっつきやすい。
ダッキングを再現したプリセットが複数用意されているので誰でも手軽にダッキングの効果を得られる。
また、サイン波などの主要な波形のプリセットも用意されているので、シンセに適用すれば名前のとおりLFOのように使用することができる。
価格は約5千円。
汎用性と機能を考慮するとこいつが一番良いかも。

Cableguys VolumeShaper 5

こちらもボリュームカーブをマウスで操作できるタイプ。
あのSteve Aokiが使い倒していることでも有名。
LFO TOOL同様様々なダッキングを再現したプリセットが用意されている。
もちろん細かな調整も可能。
価格は3千円程度とお手頃。

Nicky Romero KICKSTART

前述VolumeShaperの開発元であるCableguysと、あのNicky Romeroが共同で開発したダッキング専用プラグイン。
・・・まあ中身はVolumeShaperの機能限定版といったところ。
価格も1千円程度とお手頃だが、VolumeShaperとは異なりカーブの細かな調整はできない。
用意されているいくつかのプリセットから好きなカーブを選んで使うタイプ。

オススメは「LFO TOOL」か「VolumeShaper」。
やっぱり細かい調整は出来たほうがいいし、ダッキング以外の用途にも使えるので持っていると何かと便利。
是非お試しあれ。

ではでは。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る