スポンサーリンク

超初心者のためのミキシング講座 / イコライザー編⑩【アコースティックギターのEQポイント】

スポンサーリンク

今回はアコースティックギター(スチール弦)のEQポイントを紹介。
エレキギターと似た周波数特性ではあるものの、アンプ等を通さない「ザ・生楽器」なので(エレアコを除く)ボディの鳴りや空気感を感じる成分がより多く含まれている。
また、弾き語り等のように楽曲のオケを一人で担ったりもする楽器なので、用途によってEQ処理も変わってくる。

アコースティックギターの周波数帯域別成分

今回は、VIR2の「ACOU6TICS」を使用して、指弾きのアルペジオとストラムの2種類のサンプルを用意した。

指弾きのアルペジオ

ストラム

今回はこの2つのサンプルを例にしてEQ処理をしてみる。

【20Hz~80Hz】 超低域

他のソース同様、人間の耳が音として捉えにくい超低域と呼ばれる帯域。
低域メインのパートとの住み分けを考えてハイパスでカットしてしまったほうがいい。
ギターのみの楽曲や弾き語り等、主役級に目立たせる場合も60Hz以下はカットしてしまって問題ないと思う。

【80Hz~150Hz】 重量感

重量感を担う帯域。
主に6弦(一番太い弦)の重みを担う帯域で、ブーストしてやると重みが増し、カットしてやると軽い感じの音になる。
弾き語りなどの場合はベースの代わりを務める帯域になるので、過度にカットしない方がバランスが取れる。
POPなどの必要以上にギターを目立たせる必要がない楽曲の場合は、低域のメインはベースに任せて100〜150Hzあたりくらいまで超低域と一緒にハイパスでカットしてしまってもいいと思う。

【200Hz~600Hz】 太さ、鳴り、温かみ

200〜300Hzあたりにボディの鳴り、300〜500Hzあたりに太さ、温かみを感じる成分があると思う。
ボディの鳴りはエレキギターよりも豊かなので、用途に応じて出し引きしてやるといい。
また、ストラム奏法時はこの帯域が明瞭さの低下や篭りの原因になったりするので、モンモン感、モコモコ感が気になる時は適度にピーキングでカットしてやるとスッキリする。
ブーストすると5~6弦あたりの音が強調される。

【700Hz~1.5kHz】 芯、コシ

エレキギター同様、音色の芯やコシになる成分がある帯域。
「高域を派手にしたいわけではないが、なんだか音がはっきりしない」という場合はこのあたりをブーストしてやると抜けが良くなる。
ブーストすると3~4弦あたりの音が強調される。

【1.5kHz~6kHz】 歯切れ、ギラつき、ピックが弦とぶつかる音

1.5〜3kHzあたりにはブーストすると音の歯切れがよくなる「カリッ」っという成分、4〜6kHzくらいになるとピックが弦に当たる「ペチッ」っという成分がある。
2〜5kHzあたりを全体的に持ち上げるてやるとストラムのストローク感が活きてくる。
カッティング(ブラッシング)の歯切れを演出するのもこの帯域。
ブーストすると1~2弦あたりの音が強調される。

【8kHz~12kHz】 煌びやかさ 空気感

煌びやかさを演出する成分が含まれる帯域。
この帯域を持ち上げてやることでアコギ特有の煌びやかさを演出できる。
また、8kHzあたりにスチール弦特有のキラーンという成分がある。

っとこんな感じ。

具体例

では、上記のポイントを使った例をいくつか。

高域をブーストして煌びやかさと空気感をアップ

※4小節ごとにEQのON/OFFが切り替わります(最初はOFF)。

ハイパスは80Hzあたりに設定・・・してあるが、用途によって調整。
300Hzあたりをピーキングでカットして少しスッキリさせて、1kHz(1、2弦を強調)、3kHz(ギラツキ)、8kHz(煌びやかさ)をグイッとブースト。
また、12kHz以降をハイシェルフで持ち上げている。
・・・ちょっと大げさにブーストした(笑)
また、別にハイシェルフで2kHzくらいから高域全体を持ち上げてもいいと思う。

脇役に徹してもらう場合

※4小節ごとにEQのON/OFFが切り替わります(最初はOFF)。

脇役に徹してもらう場合の一例。
低域をベースに任せるためにハイパスを100Hzあたりに設定。
場合によっては120~150くらいまでカットしてもいいと思う。
250Hz、500Hzあたりを多めにカットしてスッキリと軽めの印象に。
また、派手さや出しゃばり感が出すぎないように3kHz付近を全体的にカット。

味のある優しめのアコギ

※4小節ごとにEQのON/OFFが切り替わります(最初はOFF)。

ハイパスは少し浅目の100Hzあたりに設定。
鳴りを強調させるために170Hzあたりを軽くブースト、700Hzと1.3kHzあたりをガツンとブーストして芯を強調して「カラン」とした印象に。
逆に落ち着いた印象を与えるために、3kHzと8kHzを多めにカット。
ちょっとモワンとしたなと思った場合は300~500Hzあたりを好みで適量カットしてやってもいいと思う。

ストラムの篭りを抑える

※4小節ごとにEQのON/OFFが切り替わります(最初はOFF)。

今回のサンプルはソフトウェア音源を使用しているのでもともと篭りが少ないが、実際にマイクでレコーディングした場合に、篭った感じが強い時にこの処理をしてやるといい。
ベースがいないという設定でハイパスは浅めの80Hzあたりに設定しているが、ベースがいる場合はもう少し上までカットしたほうがいいと思う。
篭りの原因になる300~500Hzピーキングでカットしてスッキリした印象に。
ソースによってはかなり大胆にカットしてもいいと思う。
最後に全体のバランスを見て、必要に応じて高域をブースト。
今回の例では3kHz(ストロークのキレ)、8kHz(煌びやかさ)をブーストしてあるが、8kHzあたりは好みによってはブーストしない方がしっくりくると思う(笑)

まとめ

今回はここまで。
流れとしては、

ウワモノとして使うのか、弾き語りや主役として使うのかによって低域の量を調整

高域の量を調整

必要に応じて他の成分(篭り等)を調整

といった感じがまとめやすいと思う。
次回は「ドラム」、「エレキベース」、「エレキギター」を重ねた時のEQポイントをご紹介。

ではでは。

Chanomaオススメのミキシングアイテム

Universal Audio APOLLO TWIN mkⅡ


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。
Universal Audioは1176や610などの名機と呼ばれるアウトボードを生み出しているアメリカの老舗プロフェッショナルオーディオ機器ブランド。 Apollo Twin mkⅡは同社のハイクオリティプラグイン「UAD-2」が利用できるDSPを搭載した卓上サイズのオーディオインターフェース。 「往年のアナログ機器のサウンドをプラグインで再現」というコンセプトのもとに開発されるUAD-2は、NEVE 1073、610、APIやSSL、1176、LA-2A、Pultec EQなど、数々の名機をプラグイン化しており、その技術は世界中で非常に高い評価を得ている。 プロフェッショナル環境の定番であるWavesを始め、現在では様々なブランドが名機のシミュレートプラグインをリリースしているが、ビンテージ機材のシミュレートにおいてはUniversal Audioが群を抜いていると思う。 手にしたその日からワンランク上のレコーディングやミキシング環境が手に入る。

Waves Plugin

プラグインエフェクトと言えば「Waves」。 多くのプロも使用しているハイクオリティエフェクト。 ありきたりな選択肢だが、やはり良いものは良い。 余計な音質の変化はないし、余計な味つけもされないし、エフェクトのかかり具合も良く、使い勝手も良く、狙った効果がきちんと得られる。 Silver、Gold、Platinumをはじめ多数のバンドルがラインナップされており、目的やレベルに応じて様々な選択肢をチョイスできるのも嬉しい。
Waves Silver Bunble

サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。
Waves Gold Bunble

サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。
Waves Platinum Bunble

サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

audio-technica ATH-M70x


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天で価格をチェック。
海外で人気のMシリーズのフラッグシップモデル。 決して周波数特性がフラットという機種ではないが、こいつの中高域の情報量は驚異的。 空間表現能力も驚異的でゴチャゴチャしている部分が丸見え。 他のヘッドホンで聴こえなかった音が面白いくらい見つかる。 くっついてしまったり、隠れてしまっている音もこいつなら一つ一つしっかりと確認できる。 但し、中高域が耳に張り付いてくるタイプなので低域のモニタリングはやりやすいとは言えない。 「低域もある程度見える超高解像度版900ST」といった感じ。

YAMAHA MSP5 STUDIO

銘機「NS10M STUDIO」を開発したチームによるニアフィールドモニター「MSP STUDIO」シリーズの一番小さいサイズ。 フラットさに定評があり、モニタスピーカーとして各方面での評価も高い。 音質も非常にクリアで音像や定位もしっかりと捉えることができる。 前述のMSP3同様、とにかく飾り気のない素直な出音が特徴。 ある程度大音量でモニタリング出来る環境で本格的なミキシングをしたいならこちらのモデルをオススメする。 コスパはかなり高い部類。