超初心者のためのミキシング講座/イコライザー編⑦【タムのEQポイント】

LINEで送る
Pocket

今回はタムのEQポイントをご紹介。
ハイ、ミッド、ロー(フロア)で、ある程度の統一感を持たせなければいけなかったりするので非常にめんどくさいピース。
キックとスネアがバシッ!っと決まっているのにオカズのタムであららら・・・・ってなことにならないように、上手に処理してやりたい。

タムの周波数帯域別成分

今回も例のごとくNIの「Studio Drummer」。
キットは「Session Kit – Full」。

付属のエフェクトは全てOFFで使用。
今回は、ハイ、ミッド、ロー(フロアタム)の3つのタムでフレーズを作ってみた。
実際に聴いてみる。

それぞれ周波数特性は変わってくるのでアナライザーでの考察は割愛させてもらうが、フロアタムはキック寄り、それ以外はスナッピー無しの深胴スネア寄りの周波数特性である。

帯域別のEQポイント

では、それぞれの帯域にどんな成分が含ませているのかを見ていく。
タムの場合、当然ピースによってポイントは前後するので、それぞれのポイントを探ってみてほしい。

20Hz~100Hz

重量感を担う帯域。
ハイパスでカットするのが一般的。
ハイ・ミッド・ローでカットし始める周波数に差をつけてやるといい。
ハイは結構ガッツリめにカットしても良いと思う。
ロータムについては削り過ぎず、キックとかぶり過ぎずという絶妙なポイントを探したい。

100Hz~500Hz

量感を感じる帯域。
ブーストしすぎると篭ったり、ベースやキックなどの低域パートとぶつかるので注意。
また、篭りを感じる帯域でもあるのでカットするとスッキリした印象になり、相対的に空気感が強調される。

500Hz~2kHz

ヘッドの揺れ、余韻、ハリを構成する成分が含まれる帯域。
タム特有の「バイ~ン」という成分をどのくらい使うかをコントロールできる。
1kHz付近になるとハリ(固さ)を感じる成分になってくる。

2kHz~4kHz

スティックでヘッドを叩く「バチッ!」っという音が含まれる帯域。

この辺りのバランスをどうとっていくかで音色を固めていくことになる。
最初にひとつのタムを処理して、その聴こえ方を基準として他のタムを処理するのがいいと思う。
筆者の場合は最初にロー、次にハイ、最後にミッドという順番EQ処理をする。

具体例

では、上記のポイントを使った例をいくつか見てみようと思う。
ちなみに紹介するEQ設定例はハイタムの写真。
その他のタムも、ポイントはポイントが若干前後したりブースト/カットする量が変わってはいるが、基本的には同じような処理をしている。

固さを出してバリッとしたのタムに


300Hz、800Hz付近をカットして適度に量感をカット。
2kHz付近にある固めのヘッド音と4kHzのアタックをブーストしてバリッとしたタムに。

胴鳴り、ヘッドの鳴りを強調してナチュラルさを強調


300Hzあたりの胴鳴りと1.5kHzあたりのヘッドの鳴りをブーストして「バイーン」という音を強調。
アタックが少し強めだったので4kHzあたりをカット。

タイトでヘビーなタム


500Hzあたりをガッツリカットして籠りを除去、ヘッドの揺れも多めにカットして全体的にタイトなイメージに。
アタックをブーストしてヘビーなイメージに。

まとめ

今回はここまで。
次回はいよいよドラムの総まとめ。
ドラムのオーバーヘッドマイクを含めてドラム全体のEQポイントを紹介したいと思う。

ではでは。

今回使用したDTMアイテム

Studio Drummer (Native Instruments)

Native InstrumentsのKontakt用生ドラムライブラリ。
Pearl、Yamaha、Sonorの3つのドラムセットを収録。
各キットは、Paiste、Zildjian、Sabian、Masterworksのシンバル、Sonor、Mapex、Ludwig、Masshoffのスネアでセットアップされている。
音源内にミキサーや高品位のEQ、コンプレッサー、テープサチュレーターなどのエフェクトも搭載されており、幅広い音作りが可能。
NIの最強バンドルである「KOMPLETE 10 ULTIMATE」にもバンドルされている。

[komplete10u]

Q10 (Waves)

Renaissance EQにならぶWavesの定番EQ。
名前の通り、最大10バンドのEQ処理が可能。
単品購入も可能な他、お得なバンドル「Gold Bundle」、「Platinum Bundle」にもバンドルされている。

Waves Gold Bundle

サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。
Waves Platinum Bundle

サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。 …
  2. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  3. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  4. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  5. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
ページ上部へ戻る