Steinberg DSP搭載の4in2outコンパクトオーディオインターフェース「UR242」をリリース。

LINEで送る
Pocket

Steinbergの人気オーディオインターフェース「URシリーズ」に4in2out、DSP搭載のニューモデル「UR242」が新たに追加された。


サウンドハウスで価格をチェック。

位置づけとしてはUR22とUR44の間といった感じ。
まあUR12がリリースされてUR22の位置づけが微妙だったので当然こうなってくるのだろう。
UR22同様、iPad/Mac/Windows環境で使用可能。
クラスAマイクプリD-preを2基搭載、24bit/196kHzのオーディオ解像度に対応する。
もちろん人気の機能限定版DAWCubase AIもバンドルされている。
UR22との違いとしては、

・TRS入力が搭載されて入力数が4系統に。
・DSPミキサー/エフェクトを搭載。
・REV-X、Channel Strip、Guitar Amp ClassicsのVST3プラグイン版が付属。
・インターネット配信などに便利なループバック機能を搭載。
・Basic FX Suiteがバンドル。

といった具合。
ま、UR22にUR44の機能が追加されたってイメージですな。

最近、この価格帯の製品は「インターネット配信」を売りにしたものが増えている。

時代の流れですな。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。 …
  2. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  3. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  4. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  5. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
ページ上部へ戻る