Native Instruments Kontakt用アコースティックギターライブラリ「SESSION GUITARIST – STRUMMED ACOUSTIC」をリリース。

LINEで送る
Pocket

Native Instrumentsが新しいKontakt用ライブラリ「SESSION GUITARIST – STRUMMED ACOUSTIC」をリリースした。

SESSION GUITARIST – STRUMMED ACOUSTICは、ストラムアコースティックギターライブラリ。

昔からNative Instrumentsは生楽器系が弱かった。
徐々に強化されてきたものの、ギターに関しては激弱のまま。
VIR2からELECTRI6ITYACOU6TICSなどのギターライブラリがリリースされているものの、NI自身のギターライブラリはソロの打ち込みに対応できるものは皆無。
今回NIからギターライブラリが出ると最初に聞いたとき、ついに来たか!?っと思ったのだが・・・今回もストラムオンリーのライブラリの模様。

・・・残念。

NIのサイトでデモを聴いてみたが、音色自体はなかなか良さそうではある。
ミュート加減やカッティングも自然で非常にリアルではある。

まあ、この類は実際にいじってみないとなんともわかりませんな。
どのみちソロが作れないのが惜しまれる。

・・・残念。

価格は11,800円

・・・残念。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。 …
  2. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  3. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  4. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  5. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
ページ上部へ戻る