Apogeeが新生ensembleをリリース。Thunderbolt2接続&DACチップ搭載。

LINEで送る
Pocket

Mac用ハイクオリティオーディオインターフェースでおなじみのApogeeが新しいensembleをリリースした。


サウンドハウスで価格をチェック。

最大4bit/192kHzのオーディオ解像度に対応し、最大で30in34out入出力、マイクプリも8基搭載と贅沢な内容。
Maestroソフトウエアでのコントロールや、前面に機能切替可能な4つのボタンが搭載されていたりとストレスフリーな製作環境を実現する。
Apogeeといえばシルバーというイメージが強いのだが、今回のensembleはブラックボディ
これは賛否両論あると思うが・・・ん?・・・ブラック?

・・・まさか!!!

と思ったがWindowsには対応しておらずMac専用。
ま、Apogeeはそれでいいんだと思う。
うん。

前バージョンからの大きな変更点としては、Thunderbolt2接続になったことと、ESS Sabre32 DACチップを搭載した点。
Thunderbolt2を採用したことで転送速度が大幅に向上。
超低レイテンシーを実現している。
なんてったって30in34outですから。
こういう転送データ量が大きくなる機種はThunderbolt接続に切り替えるメリットは大いにあるだろう。

ESS Sabre32 DACチップは・・・筆者も詳しくはわからないのだが、極めて高いオーディオ性能を持っているらしい。
ま、なんてったってApogeeですから。
変なものは載せないだろう(笑)。

ApogeeやRME、MOTUなど名機ブランドの次世代製品のリリースが多いですな。

ああ・・・老いを感じる。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。 …
  2. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  3. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  4. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  5. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
ページ上部へ戻る