Waves H-EQを導入。

LINEで送る
Pocket

ついにポチってしまった。

WavesのH-EQである。

H-EQは、MSモードやスペクトラムアナライザーを搭載した5バンド+HP/LP合計7つのEQ処理を行えるイコライザー。

音質については原音に忠実でナチュラルに掛かるタイプで、HP、LPの他に5バンド搭載しているのでかなり細かいEQ処理も可能。
特に素晴らしいのがアナライザー。
実は今まで

アナライザーに頼るのは良くない!!

と自分に言い聞かせてアナライザーは使っていなかった。
というのも、耳で聴いてHigh、Mid、Low、HPのパラメータだけで綺麗にまとめあげる人っているじゃないですか?

・・・なんか憧れるじゃないですか。

・・・なんか実力の差を感じるじゃないですか。

筆者もそんな人間になりたくてアナライザーは使わんと心に決めていた。

・・・が、いざ使ってみるとこれが超便利

試しに、昔追い込みきれなかった部分があった曲に挿してみたのだが、すぐに問題のある部分を発見。
あっという間に追い込みが完了した。

しかも、H-EQはIN、OUT、L/M、R/Sの周波数成分がバラバラに表示出来る。 EQ処理前と処理後の周波数成分にとどまらずL、R、MS処理のM、Sの周波数成分まで丸見えなわけである。

これはいい。

いまいち鍵盤が付いている意味はわからない(筆者が使い方を知らないだけかもしれない)が・・・これはいい。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  2. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  3. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
  4. 3.ピアノロールの仕組みを理解する。 さてさて。 音楽の世界での「一拍」と「テンポ」についての意…
  5. 「DTMを始めてみたけど、まずもってピアノロールというものの仕組みがよくわからん!」 というD…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る