スポンサーリンク

超初心者のためのミキシング講座 / 下ごしらえ編

スポンサーリンク

ルーティング

ルーティングとは音のデータが流れる通り道を決めてやる作業。


Logicのコンソール画面。

最初からDAWを使った音楽製作を始めたユーザーはあまり実感がわかないかもしれないが、この音のデータの流れる通り道を把握しておくことは結構重要。
各トラックのコンソール画面を見てみると、以下のようにこのチャンネルの音をどこに送るのかを決めてやる場所がある。


Logicのコンソール画面。
赤丸部分で出力先を設定する。

大抵の場合デフォルトではMain Output(Stereo Out、Master等)になっているのだが、これはこのトラックの音をメイン出力であるMain Outputに送るということを意味している。
つまり、各トラックの音がそのままスピーカーから出力されているわけではなく、一旦Main Outputを通ってから出力されているということを表している。
ものすごくどうでもよさそうな話に聞こえるが、きちんとミキシングしたいのであれば理解しておいた方がいい。
全てのトラックの音をMain Outputに送るだけで事足りてしまうのであれば何の問題もないが、ミキシングの過程で各トラックの音をMain Output以外に送ってやるということが必要になってくる場合があるからだ。
では、そのMain Output以外のトラックとは一体どこか?
ここで出てくるのがBusチャンネル。
例えばドラムの場合。
各トラックにキック、スネア、ハイハット、タム、シンバル等のデータがあったとする。
これらの出力先を一つのBusにまとめてやることで、ドラム全体のレベル調整がBusチャンネルのフェーダー1本で出来るようになるわけだ。
また、ドラム全体にコンプレッサー等のエフェクトをかけてやりたいという場合にもBusチャンネルは便利。
各チャンネルに個別にエフェクトを掛けなくてもBusチャンネルに挿してやれば設定した全てのトラックに効果が適用される。
超馴染みのある言葉で言えば「グループ機能」みたいな感じだ。
当然、作業効率は大幅に向上する。

次にAUXチャンネル。


同じくLogicのコンソール画面。
赤丸部分でAuxチャンネルへの出力量を調整する。

Busがメインの出力先を変えるのに対して、こちらは出力を分岐させて必要な量だけAUXチャンネルに送るという使い方をする。
エフェクトにはトラックに直接挿すインサート系(EQ、コンプレッサー等)と、他のトラックに出力を分岐させて分岐先のチャンネルに挿して使うセンド系(リバーブ等)があるが、AUXチャンネルはこのセンド系のエフェクトを使用する際に主に使われる。
で、実はこのAUXとBusという言葉、かなり混同した言葉になっている。
Aux Busという言葉があったり、Send Busという言葉があったり、機材やDAWによっても前者がAUXだったり後者がBusだったりいろいろなので、ルーティングは出力先を直接変える方法必要な量だけ分岐させて送る方法があると覚えておけばいいだろう。

また、ルーティングをどう組むかは人それぞれ。
正解もないし、DTMの場合誰にも迷惑は掛からないので自分が作業しやすいようにルーティングを組めばいい。
また、最初はどう整理していいかがわからなくても、実際にミキシングをしていく中で「こことここをまとめたい!」と思うことがあると思うので、経験していく中で自分の作業しやすいルーティングを考えていけばいいと思う。

大雑把な音作りとアナログエッセンスの追加

この段階で書く内容ではないのかもしれないが、筆者の場合この段階で各トラックにチャンネルストリッププラグインやアナログエッセンスが強めのEQを挿す。
チャンネルストリップとはミキサーの1チャンネルを取り出したような機材で、マイクプリやEQ、コンプレッサーなどが一つになったアウトボード。
EQコンプレッサーについては次回以降に詳しく説明するが、最近はこのチャンネルストリップをモデリングしたプラグインがいろいろとリリースされている。
筆者の場合、このタイミングで音作りを兼ねた超おおざっぱなイコライジング質感を統一する音を太くするなどの目的でこれらのプラグインを挿す。
アウトボード(ハードの機材)を使ってレコーディングをする場合、それらで事前にある程度の音作りをしてからレコーディングする。
要はその作業を疑似的にやるというイメージ。
また、この類のプラグインは、アナログ機器ならではの独特の質感や太さを付与してくれる。
ぶっちゃけ各トラックごとに聴くと微々たる変化ではあるのだが、最終的なまとまり方、作品全体の雰囲気は大きく変わってくるのでぜひ、試してもらいたい。


チャンネルストリップのモデリングプラグイン。
左からUAD-2 Neve1073、Waves Scheps73、Waves Kramer HLS。

Pultec EQのモデリングプラグイン。
通すだけでも特有の質感の変化が得られる。

今回のまとめ

今回の内容はミキシングの「下ごしらえ」。
例えるなら料理と似ている。
材料を切っておく。
調味料の分量を量っておく。
エビの臭みを取るために酒に付けたり、旨味を閉じ込めるために片栗粉や卵でコーティングしたりする。
やらなくても料理は出来るが仕上がりが変わってくる。

ミキシングも一緒。
やらなくてもミキシングは出来るが、作業効率や最終的な楽曲の仕上がりは変わってくる。
今回の内容はそんなひと手間だと思ってほしい。

次回は「レベル・Pan編」。

いよいよザ・ミキシングという内容に突入する。