プラグインエフェクト特集。(コンプレッサー編)

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

さて、今回はコンプレッサー特集。
コンプはミキシング初心者の宿敵(笑)。
効果はわかりにくいし、操作もややこしい。
一般的には「音を圧縮する」目的で使われるわけだが、圧縮した時の質感に様々なキャラクターがあり、EQ同様に名機と呼ばれるモノも存在する。
今回は名機のモデリングコンプレッサーと定番のコンプレッサープラグインを集めてみた。
名機についてはEQ同様、実機をいじったことも見たこともないのであしからず(笑)

Renaissance Compressor

Wavesのド定番コンプ。
圧縮による音質の変化が小さく、かなりナチュラルで仕上がりがキレイ。

Waves C1

こちらもWavesの定番コンプ。
任意の周波数帯域に対してコンプレッション、エキスパンジョン、リミッティング、ゲート処理が可能。
例えば、低域部分は圧縮せず高域部分だけを圧縮するというようなことが出来る。
Renaissance Compressor同様、余計な音質の変化がないナチュラルな仕上がり。

Waves C4

同じくWavesのマルチバンドコンプ。
簡単に言えばC1が4つ集まったようなコンプレッサー。
指定した4つの周波数帯域に個別の圧縮量を指定できる。
マルチバンドコンプと聴くとなんとなく難しそうなイメージがあるが、実際に使ってみると操作も簡単で、一度使うと便利すぎてやめられなくなる。
音圧を上げるのにも最適。
各トラックの他、ミキシングでも活躍する。
Renaissance Compressor同様、余計な音質の変化がないナチュラルな仕上がり。

Universal Audio 1176

Universal Audioの顔にもなっている超有名定番コンプ/リミッター。
オリジナルはUreiというブランドだが、Universal Audioと創業者は同じ。
細かな改良が数回にわたって行われており、AバージョンやらDバージョンやらEバージョンが存在しそれぞれ前面パネルの色が違う。
現在はUniversal AudioがD、Eバージョンをモデルにした「1176LN」をリリースしておりスタジオ定番コンプレッサーとなっている。
非常にパンチの効いた音で、抜群の存在感を醸し出す。

Universal Audio1176 Classic Limiter Plugin Collection

本家Universal Audioによる1176のプラグイン。
ビンテージ1176から現行の1176LNまで複数のラインナップがバンドルされている。
ということはもちろんUADプラグインなので、使用するには同社のDSPアクセラレーターもしくはDSP搭載オーディオインターフェースApolloシリーズが必要。

Waves CLA-76

こちらはWaves。
Urei時代の1176をモデリングしたプラグイン。

IK Multimedia Black 76 Limiting Amplifier

こちらはIK MultimediaのT-RackSシリーズの1176モデリングプラグイン。

SUMMIT AUDIO TLA-100A

Summit Audioというブランドの真空管コンプレッサー。
この機種でしか得られない独特の質感から愛用者が多いらしい。
ホント申し訳ないが、実機はもちろんプラグインも触ったことがないので詳しい感想が書けない。

Softube Summit Audio TLA-100A Compressor Plugin

SoftubeのTLA-100Aモデリングプラグイン。

Universal Audio Summit Audio TLA-100A Compressor Plugin

Universal AudioのTLA-100Aモデリングプラグイン。
使用するには同社のDSPアクセラレーターもしくはDSP搭載オーディオインターフェースApolloシリーズが必要。

Teletronix LA-2A

超有名な定番コンプレッサー。
調整するのはゲインとリダクションの2つのみというシンプルな構造で、アタック/リリースはオートという仕様。
ナチュラルかつマイルドな仕上がり。

Universal Audio Teletronix LA-2A Collection

Universal AudioのLA-2Aモデリングプラグイン。
使用するには同社のDSPアクセラレーターもしくはDSP搭載オーディオインターフェースApolloシリーズが必要。

Waves CLA-2A

WavesのLA-2Aモデリングプラグイン。

IK Multimedia White 2A Leveling Amplifier

こちらはIK MultimediaのT-RackSシリーズのLA-2Aモデリングプラグイン。

Tube Tech CL1B

パルテックタイプEQの代表格Tube Techの真空管コンプ。
温かみのある掛かりから非常に人気の定番コンプ。
これじゃなきゃダメだ!というユーザーも多い。

Softube Tube-Tech CL1B Comprsssor

SoftubeのCL1Bモデリングコンプ。

NEVE 2254

チャンネルストリップ1073で有名なNeveのコンプレッサー。
Neveのコンプレッサーと言えば33609が有名だが、2254はその33609の原型となったモデル・・・・らしい。

Waves V-Comp

WavesのNeve 2254をモデルにしたコンプ。
2254の音を聴いたことがないので実機との比較は出来ないが、かなり派手でかつ独特な質感の変化を伴うコンプ。
迫力を必要とする曲向け?
使用するジャンル等はかなり限定されると思う。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. Omnisphere 2(Spectrasonics) [omnisphere2] …
  2. マルチドラム音源編 Stylus RMX Xpanded (SPECTRASONICS) …
  3. アコースティックギター編 PROMINY Hummingbird サウンドハウスで価格…
  4. Ivory II Grand Pianos (Synthogy) サウンドハウスで価…
  5. Vienna Symphonic Library 少し前まで最高峰オーケス…
ページ上部へ戻る