Waves 「Scheps 73」 レビュー。

LINEで送る
Pocket

さて、たまには普通にぼやく。
ブラックフライデーセールに乗っかって筆者自身も久々にDTMの買い物をした。

Wavesの「Scheps 73」。

マイクプリとEQを搭載したいわゆるチャンネルストリッププラグインである。
モデルになっているのは「NEVE 1073」というレコーディングの世界では誰もが知っている超有名なイコライザー。
オリジナルはかなり古い機材で、もちろん一般人が手に入れられる代物ではないのだが、今日では様々なブランドが1073をモデルにした復刻品をリリースしている。
プラグインも然り。
今回購入したWavesの他にも、Universal Audioの「Neve 1073 Preamp & EQ Plug-In Collection」、IK Multimediaの「EQ 73」等、様々なブランドが1073をモデリングしたプラグインをリリースしており、中でもプラグインに合わせてハード側の設定が最適化されるUnisonテクノロジーを採用したUniversal Audioの「Neve 1073 Preamp & EQ Plug-In Collection」はかなり高い評価を得ている。

筆者もApolloオーナー。
是非とも手に入れたいとは思っていたのだが、筆者のApolloに積まれているDSPは2個。
レコーディング時の掛け取り目的であれば問題ないが、味付け目的で複数のトラックに挿すには確実にスペック不足。
で、たしかWavesも1073のチャンネルストリップ出してたな~なんて思って調べたら「Scheps 73」を発見。
今すぐ必要というわけでもなかったのでそのうち買おうかな~なんて思っていたのだが、ちょうどセールの対象になっていたので勢いでポチってやった。

ま、筆者はオリジナルの1073を弄ったことはないので、オリジナルをどのくらい忠実に再現しているかとか
、「出音はまさしくあのNEVE 1073!」とかかっこいい事が言えないのだが、プリアンプのレベルを上げると噂通り艶っぽくなるといった印象。
ま、超簡単に言えば「プリッとして存在感が増す」といった感じである。
EQ部分に関しても原音に忠実にというタイプではなく質感の変化を伴うタイプ。

音がキレイすぎるという贅沢な悩みが付きまとうDTMの世界。
こういったエッセンス注入型のプラグインを1~2個は持っていたいところですな。

また、Scheps 73はWavesのバンドル製品の中では、残念ながら最上位の「Mercury」にしかバンドルされていない。
普段筆者はバンドル製品を薦めるが、さすがに一般人にあの価格は無理。

こういったセールを使ってちょこちょこ欲しいものを集めましょ。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  2. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  3. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  4. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
  5. 3.ピアノロールの仕組みを理解する。 さてさて。 音楽の世界での「一拍」と「テンポ」についての意…
ページ上部へ戻る