スポンサーリンク

Line6が高性能コンデンサーマイク内蔵のオーディオインターフェース「Sonic Port VX」を発表。

スポンサーリンク

アンプシミュレータPODシリーズで有名なLine6が、高性能コンデンサーマイク内蔵のオーディオインターフェース「Sonic Port VX」を発表した。

24bit/48kHzのオーディオ解像度に対応し、120dBのダイナミック・レンジを実現する1/4” ギター/ベース入力、キーボードやドラムマシンを録音可能な1/8” ステレオ・ライン入力が可能。
スタジオ・モニターを接続可能な1/4” バランスステレオ出力、1/8” ステレオ・ヘッドフォン出力をカバー。
ゼロレイテンシーモニタリングも可能となっている。

3基のコンデンサーマイクを内蔵しており、45dBゲインプリアンプも装備。
マイクスタンド・アダプター付き卓上スタンド同梱。

ジャム演奏やギター・トーンの作成が行えるLine 6 Mobile PODアプリ互換。

Youtubeに製品紹介動画がアップされているのだが・・・

あ〜!
楽しそう!

…筆者の学生時代にもこんな製品が欲しかった。

作曲をするギタリストやバンドのデモ制作をするユーザーには最高の製品ではないだろうか?

こういう製品いいですね。
コンセプトが明確で、ニーズに合った機能とスペックをしっかり押さえている。

発売は11月とのこと。