M-Audioのウワサの新製品「Trigger Finger Pro」。

LINEで送る
Pocket

今回は、今年の6月にリリースされたM-Audioの「Trigger Finger Pro」を紹介。


サウンドハウスで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック(イケベ楽器)

このTrigger Finger Pro、簡単に言ってしまえば専用ソフト、サンプルと音源が付属したMIDIコントローラー
Native InstrumentsのMaschineを代表とする、流行の「統合型ワークステーション」に似た製品
「似た製品」という表現にした理由は後ほど。
まずは、ハードウェアとソフトウェアの詳細について紹介していく。

最初にハードウェア。

4×4の16個のパッドは4つのバンクを持ち、合計で64のサウンドにアクセスが可能。
4つのノブ、フェーダ、ボタンはバンクを切り替えて合計16のパラメータをコントロールすることが可能。
トランスポート機能も付いており、Mackie ControlやHUIのプロトコルにも対応し、手元でのDAWコントロールも出来る。
ま、よくある仕様だが、最大の特徴は本体の一番手前に並んだ16個のボタン
そう、このボタンはステップシーケンサーになっているわけだ。

これ、すごく便利

Maschineもパッドをそのまま使ってステップシーケンサーのように扱えるが、16個のボタンが並んでいた方がやっぱりわかりやすいし使いやすい。

また、接続端子はUSBとMIDI出力端子を装備しており、様々なMIDI機器との接続が可能。

次にソフトウェア。

核になるのは「Arsenal(アーセナル)」という専用ソフト。
Trigger Finger ProとDAWを連携する役割の他、サウンドライブラリの検索機能も付いており目的のサウンドをスムーズに見つけ出す役割も担っている。
スタンドアロンとしての動作はもちろん、主要DAWのVSTプラグインとしても動作する。
その他に、バーチャル・ドラムモジュール「AIR Drums」、アナログサウンドとデジタルの操作感を統合したバーチャル・シンセサイザ「Hybrid 3」が付属し、これらの音源はArsenalから呼び出すことが出来る。
さらには「Toolroom artist launch packs」、「Prime Loops expansion pack」合計8Gのサンプルライブラリも付属する。
リズムから上モノまでをこれ一台で作り上げることが出来る。

パッと説明を聞くと、Maschineと同じような製品だと感じると思うが、厳密にはちょっと違うようだ。
これが冒頭に「似た製品」という表現を使った理由。

Maschineの場合、基本的にはMaschine単体で楽曲を制作することを前提としてソフトが作られており、プラグインとしてDAWに読み込むことは出来るが、あくまでMaschine上で制作したものをオーディオもしくはMIDIでDAWのトラックに持ってくるといった感じ。
対して、Trigger Finger Proに付属するArsenalはシーケンス機能は付いているものの、最長4小節/64ステップしか搭載しておらず、そこで楽曲を完成させる前提では作られていない。
あくまでMIDIパッド、楽曲はDAW上で制作するといった作りになっている。

そう聞くとMaschineには及ばないと捉えがちだが、一概にそうとも言えないようだ。
お世話になっている楽器屋のお兄さん曰く、DAWと連携して使うことを前提に作られているが故にスムーズな操作性を実現しているらしい。

確かに、Maschineを使ったことのあるユーザーならわかると思うが、DAWと組み合わせて使用するのは結構面倒だったりする。
筆者自身もMaschineを使って曲を作るときはDAWを併用していない。
これはMaschineがあれば事足りるという理由からではなく、DAWとの併用が面倒なのだ。
MIDIパッドとして使おうとするとMaschineの旨味は消えてしまうし。

対してTrigger Finger ProはDAWとの連携を前提に作られたMIDIパッド。
旨味を活かしてDAWと併用出来るTrigger Finger Proは、意外とDTMユーザーにはもってこいだったりするのかもしれない。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 先日アップしたサイドチェインに関する記事について、何件か質問をいただいた。 …
  2. どもども。 今回は番外編ということで、「サイドチェインによるダッキング」について解説してみたい…
  3. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  4. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  5. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
ページ上部へ戻る