スポンサーリンク

M-AudioのMIDIキーボード「Keystation」シリーズ、「Oxygen」シリーズがフルモデルチェンジ。

スポンサーリンク

高機能MIDIコントローラー「Axiom」シリーズでおなじみのM-AudioのMIDIキーボード、KeystationシリーズとOxygenシリーズがフルモデルチェンジ。

KeystationシリーズについてはMIDIキーボードの仕様そのものに大きな変更はない模様。


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

フルサイズセミウェイテッド鍵盤を搭載。
ピッチベント、モジュレーションホイール意外、余計なものは何もないといった感じのシンプルなリーズナブルモデル。
カラーがシルバーからネイビー?に変更されてシックなデザインになった。

鍵盤さえあれば他には何もいらない。

というユーザー向けの製品。
ラインナップは49鍵、61鍵、88鍵の3種類。(Keystation mini 32を除く。)
リーズナブルな88鍵MIDIキーボードはかなり希少なので、88鍵モデルが引き続きリリースされるのは嬉しい。
人気DAW「Ableton Live Lite」、ピアノ音源「SONiVOX Eighty-Eight Ensemble」が付属。

続いてOxygenシリーズ。


サウンドハウスで価格をチェック。
Amazonで価格をチェック。
楽天市場で価格をチェック。

・・・かなりかっこ良くなった。
オレンジのパッドがニクい。
今回のOxygenは8個のパッドを搭載し、前作よりコントロール機能が向上している。
こちらはシンセタッチ鍵盤で、8個のノブ、9つのフェーダー(49,61鍵モデルのみ)、トランスポート·ボタンを装備。
主要なDAWへのマッピングも簡単に行える。

様々なコントロールを手元で行いたい。

というユーザー向けの製品だろう。
ラインナップは25鍵、49鍵、61鍵の3種類。
人気DAW「Ableton Live Lite」、ソフトシンセ「SONiVOX Twist」が付属する。