Line6のモデリングギター James Tyler Variax「30,000円」購入サポートキャンペーンがスタート!

LINEで送る
Pocket

Chanomaです!

JTVってギターをご存知だろうか?

PODでおなじみのLine6が販売しているギターなのだが、このギター、ただのギターではない
DTMユーザーの中には、「基本的に打ち込みでオケを作るが、ギターだけは自分で弾く。」という人も多いと思うが、ちょうど6/27から期間限定の30,000円購入サポートキャンペーンが始まったので、今回はこのJTVというギターを紹介をしたいと思う。


サウンドハウスで価格をチェック。

JTVは、いわゆるモデリングギターというもので、ストラトやテレキャス、レスポール、335、アコースティックギター等の音を、1本のギターで再現出来てしまうというバケモノじみたギター。
Martin、Gibson、Danelectro、Fender、Les Paul、Rickenbackerなど、ギタリストにはおなじみの有名ブランドの名器のサウンドがすべて手に入ってしまう。

実は結構前からこのVariaxというモデリングギターの存在は気にはなっていたのだが、筆者自身もともとはギタリスト。

「そんなバカな話があるかい!どうせ再現性は低いだろ!」

と思いこみ、あまり詳しく調べていなかったのだが、実際なかなかのクオリティで驚いた。

そりゃ細かいこと言えばいろいろあるだろうが、筆者のようになるべくいろんなモデルの音を手に入れたいというユーザーにはぴったりの製品だと思う。
いろんなジャンルの曲を作ってると、どうしても1本のギターで出せる音には限界がある。
どうしてもギターを複数用意しなければいけなくなるのだが、一児のパパが名器を何本も用意するのは経済的に不可能。
このJTVさえあればそんな悩みから解放されるわけだ。

ということで筆者自身、実家に眠ってるMusicmanのAXISを売り払い、今回のキャンペーンに乗っかることにした。

みなさんも是非この機会にご検討を。

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. どもども。 新年明けましておめでとうございます。 今年も当サイトとわたくしChanoma…
  2. どもども。 今年も「ブラックフライデー」がやってきた。 ということで、このページでは主要ブラ…
  3. 4.ピアノロールで様々なフレーズを打ち込んでみる さて、ここからは実際にピアノロールにいろんなフレ…
  4. 3.ピアノロールの仕組みを理解する。 さてさて。 音楽の世界での「一拍」と「テンポ」についての意…
  5. 「DTMを始めてみたけど、まずもってピアノロールというものの仕組みがよくわからん!」 というD…

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る